伸しつ後転

@膝を伸ばしたまま上体を折り曲げるようにし、重心を後にして手・お尻と着くように後方に転がります。
A腰、背中、肩、後頭部の順にマットに着きながら回転し、次の着手のために両手を耳の横に回転しながらもっていきます。膝は伸ばしたままです。
B足先の回転のスピードを緩めず、足がマットに着いたら、手でマットを押して回転の勢いも使って膝を伸ばしたまま起き上がります。

■よくある質問
○しりもちのようになってしまい、回転までもっていけません。
○最後まで回転できず途中で体が戻ってしまいます。
*スタジオでは、それぞれの体の硬さや筋力に応じたやり方を指導しています。

■伸膝(しつ)後転の練習のコツ
○最初の着手でお尻より手が先に着くようにします。
○マットに傾斜をつけて練習すると感覚が掴みやすくなります。
○回転の最後に頭に近いところに素早く足を着地させるとまわりやすくなります。

==========
前転
倒立前転
開脚前転
飛び込み前転
伸しつ前転
後転
後転倒立
開脚後転
伸しつ後転
倒立
三点倒立
側転
片手側転
ロンダート
側宙(側方宙返り)
前宙
後宙
前方倒立回転(ハンドスプリング)
後方倒立回転(バク転)
マカコ

はじめての方はこちら
ご入会案内
会員様ご予約

お問い合わせはこちら

料金

営業日カレンダー

 ※△の曜日はマンツーマン
 ※○の曜日は少人数クラス

レッスン風景

レッスン風景はこちらから

動画

動画集

住所